2016年2月25日木曜日

博士のうちなーんちゅと行く!ウォーキングで植物ウォッチ!! ~「沖縄の暮らし」×「植物の生き様」~

直前になってしまいますが、キュリオス沖縄のモニターツアー第三弾のお知らせです。

今度のガイドは僕が担当いたします。

以下、お知らせ。



第三弾のモニターツアーのお知らせです!!
 


博士のうちなーんちゅと行く!ウォーキングで植物ウォッチ!!
~「沖縄の暮らし」×「植物の生き様」~

 
<概要>
日 時:2016年2月27日(土)9:30−12:00
(※9:20までに集合場所へお越しください。)
集合場所:末吉公園 交番近くの駐車場(下記URL参照)
https://goo.gl/maps/WwrtqzjrZbF2
参加費:2500円(保険料込み)
小雨決行
前日の2月26日(金)の18:00までにお申し込み下さい。

<お申し込み>
参加希望の方は下記の申し込みフォームよりお申込みください。
http://goo.gl/forms/CX7B0bRRWE

<ツアーの内容>
那覇のどまん中「末吉公園」にて、植物の葉影に透かして見る「沖縄の原風景」。
 
ウォーキングなどで訪れる人は多いですが、実は立派な「史跡」であり、そうと知らなければ見逃してしまう道や石積みなどに、沖縄の昔の生活を偲ぶことができる場所です。

那覇の街中に突如現れる森


石畳が金城町にしかないなんて誰が言ったのだ

クワズイモだらけな風景も。

そしてここは知る人ぞ知る「植物スポット」です。今回は、ここにある植物を見ながら、五感を使って感じながら、植物の生態と人々の生活がどのように交わり関わってきたのか?...という、普通の歴史ツアーとは一味も二味も違うお話をします!
 
昔の人はどんなふうに生活し、何を感じていたのか?ご存知のように、沖縄の戦前の建物の大部分は戦火で焼けてしまい、残念ながら昔の人が生活していた空間などは、そのままの形ではほとんど残っていません。
 
日に透かすとたくさんの点々が見える。何の葉かご存じですか?

ゴモジュの花。花以上に葉が香ります。どんな匂いかは当日のお楽しみ。


しかし!当時の人が感じた草木の「匂い」や「味」、「感触」は、今も昔も同じなのです!!日常のすぐ側にある身近な街中の公園というステージで、植物という媒体を通じて、古き時代の沖縄の人々が感じたであろう感覚を、悠久の時を越えて現代人の私達が共感する。
 
そんなツアーです。
 
 
<ガイドは生粋のうちなーんちゅ、しかも博士>
琉大で博士号を取った沖縄生まれの沖縄育ち、ご先祖様が首里で働いていたらしい仲栄真がご案内。
仲栄真のブログ:http://s-nkem.blogspot.jp
 
 
<こんな方にオススメ>
・植物が好きな方
・植物の写真を撮るのが好きな方
・那覇の街が好きな方
・なにごとにも知識欲旺盛な方
・日常の中に新たな発見が欲しいという方
・田中一村の画が好きでたまらないという方
・俳句が好きで、ついでに季語になる植物にも詳しくなりたいという方
 
<ツアー参加に必要なもの>
運動靴、動きやすい服装(長袖&長ズボン)、帽子
 
<備考>
今回は内容的に一応「中学生以上推奨」とさせていただきますが、お子様のみの参加も可能です。 
ツアーの様子など、写真を撮影させていただくことがあります。また撮影した写真は、弊社ホームページなどで使用させていただくことがございます(都合の悪い場合は、その旨をお伝え下されば一切掲載いたしません)。


0 件のコメント:

コメントを投稿