2015年2月28日土曜日

古書を探して

探していた古書を手に入れることができたのでその顛末を書き記そうと思います。

以前にオーストラリアのケアンズにあるRusty's Marketにて古本で購入した図鑑。
40ドル→25ドルに交渉成立の末に購入。Amazonの古本だと35〜107ドルだった。

参加している調査の都合で、貝類の図鑑、それもフィールドに持っていけるようなものを探していたところ、複数人の方から「沖縄の海の貝・陸の貝」(久保弘文、黒住耐二 著・沖縄出版)を薦められました。

この本については以前から知っていましたが、すでに絶版になっているため価格が高騰し、定価の10倍近い値段がついていたので、候補から外していました。薦めてくれた方から「一応古本屋をまわってみては?」との助言もいただいたので、いっそのことボロボロになってるやつでいいから少しでも値落ちしてるものがあればいいなぁと思い、古本屋へ行く機会を伺っていました。

そして2月11日の建国記念日のときに、研究室へ寄るついでに大学近くの榕樹書林という古本屋へ。といってもこの日は祝日なのでお店は閉まっていました。そりゃそうだ。


そしてつい昨日、長田の郵便局で用を済ませて大学に戻ろうとしたときに榕樹書林が近いことを思い出し、足を運ぶことに。平日の午後だったのでちゃんと営業していました。が、お目当ての本はなし。店員さんに聞いてみると、やはり人気のある本らしく、入荷してもすぐに売れてしまうんだとか。

残念ではあったけど、他に興味のあった本があったので3冊ほど購入することに。そしてレジまで持っていったところで手持ちのお金じゃ足りないことに気づく。まあ、あるかどうかを確認するだけのつもりでしたし・・・。それでもすっかり買う気になっていたので、急いで近所のスーパーへ行き、ATMでお金をおろしました。

今回の話とは全く関係のない、数年前に亡くなった祖父の書棚からいただいた本たち。
右上にある元琉大学長の高良鉄夫先生の書かれた本がおもしろかった。

店に戻り、会計を済ませた後で店員さんが一枚の紙を差し出してきました。「お探しの本、近くにある別のお店にあるみたいですよ(^_^)」と渡されたのは日本の古本屋というWebページを印刷したやつ。どうやらお金を下ろしに行ってる間に調べてくれたようで(涙)。値段が・・・どうやらカバーにシワや本自体にゴム印がおされているとかでまさかの想定していた値段の半額以下。そしてさらに沖縄の古本屋をまとめたパンフレットももらい、店の場所と連絡先を教えていただきました。

すぐに連絡してまだ置いてあることを確認し、ATMで再度お金をおろしてからその古本屋へ。向かうはBOOKSじのん。店の近くの信号を曲がり、運転する車内から店を発見したときになんだか懐かしい感じが・・・。しばらく考えながら店の前に駐車したときに、ここに自分が小さい時に父親に連れられて来たことがあるのを思い出しました。それもそのはずで、歩いて十数メートルのところに小学生になる直前まで住んでた家があるという。「あーここかー」と、とてつもない懐かしさを抱えながら店に入りました。

店に入ってさっそくお目当ての本を見せてもらうと、思っていたより状態もよく、購入を即決。ひゃっはー。店員さんに話を聞くと、どうやら6日前に入荷したばかりだったらしい。先の11日に榕樹書林が開いていたとしても、この展開はなかっただろうなぁと感慨深く思いながら大学に戻りましたとさ。

しっかり学ばねば。

本棚に収まらなかった本が人が通れないくらいに通路に積まれている榕樹書林(店内に漂う古書のにおいがすごくいい)、お目当ての本があったことがうれしくて入店後にすぐ購入し、少し話をしてすぐ店を出てしまったことが悔やまれるBOOKSじのん(店内の本を見て回ればよかった)に感謝。どちらも琉大に近いので琉大生は利用すると良いネ。

榕樹書林 (宜野湾市宜野湾 3−2−2)


BOOKSじのん(宜野湾市真栄原 2-3-3)


それから古書検索は日本の古本屋のWebページから行うと良さそうです。普通にググってもヒットしない情報が得られます。

あと榕樹書林でもらった沖縄の古書店MAPのPDFを探してみたけどWebには落ちていないようで非常に残念。那覇、浦添、西原、宜野湾にある15の古書店プラス無店舗・ネット店舗が3店舗、地図とお店の情報が記載されています。めちゃくちゃすてきな古書店MAPなので各店舗のHPで公開すればいいのに。


▼ 沖縄タイムス【本との話】 連載12.「沖縄古書店マップ」| 沖縄セレクト古本屋日記 ちはや書房 

いくつか古書店さんのブログを拝見したけど、県内の古書店は仲が良いみたいですね。また欲しい本がでてきたら利用したいと思います。以上、探していた本と訪れた書店との出会いがなんかうれしくてこの記事を書きましたん。



0 件のコメント:

コメントを投稿