2013年12月21日土曜日

蛍光ダイビング(Fluo-diving)への興味

蛍光ダイビング(Fluo-diving)って知ってますか?

ナイトダイビングの際に特殊なフィルターをマスクにセットし、青色光を発するライトを使うことで海中の生物が発する蛍光を観察するダイビングのことです。新しい趣向のスキューバダイビングなのですが、最近とても気になっています。

良い感じの動画があったので以下を御覧ください。(英語で何行ってるか全然わからんけど)



蛍光の仕組みとしては、ある物質が特定の色(つまり特定の波長)の光を吸収し、別の色(別の波長)の光に変換して放出します。この変換後の光が「蛍光」と呼ばれるものです。上の動画ではサンゴが青色光を吸収して、緑や黄緑、赤色の蛍光を発していましたね。これはサンゴが作る蛍光タンパク質が青色光を吸収して蛍光を放っていたのです。


蛍光ダイビングに必要なもの

初めにダイバーがオレンジ色のメガネみたいなのを一生懸命セットしてましたよね?あれは青色光をカットするフィルターで、ブルーライトを生き物に当てたときにライトの青色をカットして生き物が放つ蛍光(緑や赤)だけが見えるようになります。蛍光ダイビングではこのフィルターとブルーライトを使うことで生き物が放つ蛍光を楽しめるのです。

そしてそのフィルターとブルーライトは海外の通販?で購入できるようです。フィルターとブルーライトのセットで$189とのこと。



BlueStar Dive Packages « NIGHTSEA

また、写真撮影用に通常のフラッシュを青色光にするFluorescence Excitation Filters (励起フィルター)やレンズにつけることで上記フィルターと同様に青色をカットするBarrier Filters(バリアフィルター)もあるようです。

日本で手軽に買えないもんかね。売ってるとお店あれば教えて下さい。


どこで体験できる?

今のところ蛍光ダイビングは、海外でのみツアーとして実施されてるようです。でも個人レベルでは日本でもチャレンジしているダイバーがいるようですね。ちょこちょこっとブログで見かけます。あと月刊ダイバー4月号でほんのちょっとだけ(本当にちょっとだけだった。たったの2ページ)紹介されていました。

インドネシア・ワカトビ ダイビング情報 - ダイビングツアー専門旅行会社ワールドエクスプローラ
↑ページ中段の<コース>に蛍光ダイビングの項目があります。

裏ダイバー2013年4月号/紗羅マリー、小川麻琴etc.取材の裏をご紹介!
(フローダイビングじゃなくてフルオダイビングがいいと思う。あと豊田エリーがしに可愛かった。)


蛍光が見れる生き物

実際に生き物の蛍光を撮った写真をみてみるとウツボやエビなどけっこういろんな生き物が蛍光を持っているみたいですが、やっぱりイチオシはサンゴですね。こんな感じで緑色を持ったサンゴだときれいに蛍光が見れると思います。(写真のような緑の多いアザミは10~20mだとあんまりいないかも)


アザミサンゴ(Gs型)


ちなみにですが、サンゴが持つ蛍光タンパク質の遺伝子は研究者によって何種類も発見されており、バイオテクノロジーの分野で多岐にわたって利用されています。最近だと沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者がコユビミドリイシのゲノムから10種類の蛍光タンパク質遺伝子を発見したりもしています。

Fluorescent protein candidate genes in the coral ... [Zoolog Sci. 2012] - PubMed

あとは下記Webページにいろいろと写真が掲載されていました。ウツボ光りすぎだろ。

蛍光発光ダイビング(FLUO-diving)



日本にも早く蛍光ダイビングが広まるといいですね。ていうか自分で装備をそろえて実践するほうがてっとり早いかも。ちょっと検討してみようかなぁ。まあなんにせよ、今後が楽しみで目が離せません。

0 件のコメント:

コメントを投稿