2013年12月21日土曜日

学会スタート@ケアンズ

ケアンズ3日目(7/9)からいよいよ学会スタート。今回の国際サンゴ礁学会 ICRS2012は5日間も続きます。

3日目の朝早くからOpening Ceremony に参加。なんだかTEDみたいに上等なステージが・・・。壇上ではスモークがたかれていました(笑)



そしてアボリジニーの戦士(?)によるパフォーマンスと共に開会の挨拶が始まりました(笑)



この後も数人の挨拶がありましたが、英語だったのであんまり意味がわかりませんでした(´・_・`)

たぶんだけど、サンゴが減少してサンゴ礁域に棲む他の生物にも影響出てるからおれたちの研究やっぱ大事だぜ。みんなで頑張ろうぜ。的な感じだったはず。


そのあとはいくつかの分野に分かれて、発表会場となるそれぞれの部屋で口頭発表が始まりました。



発表される研究内容は大きく22の分野に分かれています。Physiology & functional biologyとかFish & fisheries とかHuman impacts on coral reefsとか。

今回はサンゴ礁に関わる様々な分野(生物学から化学、社会科学、経済学など)の研究者が、世界中から集まっているのです。

研究対象もサンゴに限らず、魚や海洋環境、地形、人や地域社会まで本当に様々です。



発表中の部屋はさすがに写真取れなかったけど、外はこんな感じ。



発表の合間に、午前中はMorning Tea 、午後にはAfternoon Teaの時間があって、コーヒーや紅茶をのみつつ、おやつを食べて休憩する時間がありました。




そんな感じで優雅?に休みつつも発表をいくつか聴いて、夕方からいよいよポスター発表。

開始時間が近づくと、会場のテーブルにはおつまみやお酒が用意されていく。。


宴の予感ψ(`∇´)ψ


友人たちとやべー緊張するやべーって話してたら自然とビールに手が伸びてしまい・・・。まあ、飲んじゃいましたよね(笑)

そしていよいよ学会参加者たちがポスター会場へやってきました。もちろんグラス片手に(笑)




ビールを一杯飲んだおかげなのか、話し始めるとそんなに緊張せずに楽しみながら発表できました。

だいたい10名くらい来てくれたかな。Very interestingて言ってくれる人もいたので嬉しかったしもっと頑張ろうって気分になりました。モチベーションアップ↑↑や。

そして発表が一息ついたときにボスに「あ、○○さん(←参考文献の著者。)だ。ちょっと呼んできて発表聞いてもらいなよ。」と言われ、勢いで話しかけて(今思い出すとクッソ失礼な英語だった、、)自分の発表を聞いてもらいました。

研究内容についてだけでなく、測定で使えるオススメの機器やサンプリングでの注意点についてもアドバイスをもらえたので、とても良い機会になりました。

あと最後には名刺も交換させてもらえてなんかあったら遊びに来いとまで言ってくれたので本当にうれしかったです♪( ´▽`)

無茶ぶり?だったけどボスに感謝っすね!!

そんな感じで初日にポスター発表を行い、人生初の国際学会での発表は無事におわりました。

あとは他の研究者の口頭発表や講演を聴くだけ!今回は自分の研究とつながりのある発表がいくつかあるのでそれらを中心に興味のあるものを聴いて回る予定です。

自分の発表が終わったので気楽に発表を聴いてまわれそうっすね( ´ ▽ ` )ノ

0 件のコメント:

コメントを投稿