2013年12月21日土曜日

国際学会でポスター発表したときに参考にしたあれこれ

2012年7月に国際サンゴ礁シンポジウム ICRS2012に参加してきました。



国際学会に参加してきます!
学会スタート@ケアンズ

初めての国際学会への参加、初めての英語での学会発表(今回はポスターでした)だったので、学会の運営から連絡が来るたびにドキドキしていました。これまでに日本の学会でポスター発表と口頭発表をしたことはありますが、ポスターとは言え英語でのプレゼンということがかなりの心配のタネでした・・・。今思えば本当に無駄に緊張しすぎていましたね(笑)


そういうこともあって、発表の準備をする前には先生や先輩方にアドバイスを聞いたのですが、それと同じくらいに役立ったwebページがいくつかあったので、メモ代わりにまとめておこうとおもいます。

今回は英語でのポスター発表だったので、ポスターの作り方や英語で発表するときに役立ちそうな情報が主となっています。


ポスター作成おぼえがき

北大の助教の方が日本生態学会でポスター賞をとったときにどのようにしてポスターを作ったのかを紹介しています。その時に作ったポスターのレイアウトについて、各項目ごとになぜその配置にしたのかが解説されていてとても参考になりました。発表の準備から実際の発表のときにも役立つアドバイスを残してくれています。


ポスター発表のための10の簡単なルール ‐ 5号館のつぶやき

紹介されているルールのうち、「ルール9:Posters Should Have Your Personality ポスターには自分の個性を」を意識して、今回はなるべく写真を多く、大きく使ったポスターを作りました。僕の研究はサンゴの蛍光タンパク質が研究対象なので、サンゴの色彩型の写真や蛍光顕微鏡で撮った写真をなるべく使うようにしました。


英語出来なくてもポスターで勝負!~効果的なポスター構成を考えてみる (1)~ ‐ スッピンねえちゃんの研究日誌

アメリカの大学病院でお仕事をされている方が国際学会に参加する日本人の立場でいろいろなアドバイスをまとめてくれています。英語のWebサイトを簡単に和訳してまとめてくれていたり、参考文献を紹介していたりと、この記事が一番参考になった気がします。この方のブログはこの記事以外にも論文の書き方など参考になりそうな記事が多いです。


英語出来なくてもポスターで勝負!~効果的なポスター構成を考えてみる (2)~ ‐ スッピンねえちゃんの研究日誌

先ほどの記事の続き。こちらは実際に国際学会?で発表されていたポスターをもとに、良い例・悪い例を紹介しています。海外では横長のポスターが普通なんですかね。悪い例は極端すぎて参考にならないかも?ひどいのは本当にひどいです(笑)


英語プレゼン(学会発表)で使えるフレーズ - 専門家Q&A

やほー知恵袋よりは安心して参考にできるQ&Aサイト。なんか小難しいフレーズが多くて実際に使ったフレーズはたぶんないけど、口頭発表では使えそうなものもちらほら。僕は読んで安心しただけかも(笑)


英語でスピーチ・口頭発表の仕方

英語に関してはこれが一番参考になったかも。作者曰く、「簡単に、コストがかからず、かつ即効で、日本人の英語プレゼンテーション能力を上げるテクニックを紹介」とあります。1人称・2人称で話すようにするってのはなるほどなと思った。実際はなかなかそうはいかなかったけど(笑)



他にもいろいろあったのですが、ブクマすんの忘れてて見つけられませんでした。

最後に発表を終えて「やっててよかったな」「やっておけばよかったな」と僕が思ったことを。


名刺 Business card を作る

出発の前夜に思い立ち、なんとか間に合わせて持って行きました。発表の際に何名かの研究者(参考にしている論文の著者もいた!)から名刺を頂いた際にこちらからも渡すことができましたし、逆に「名刺ありますか?」と聞かれたりもしました。「瀬底いったことあるよ~」とか「今度オーストラリアに来たらうちのラボに遊びにおいで~」なんて会話も。

少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!- 化学者のつぶやき


普通の英会話対策

対策するほどのことじゃないかもしれませんが、僕は発表対策で頭がいっぱいでこれがすっぽ抜けていました。同じ大学から参加した先輩や後輩のみんなは積極的に英語で話して友達作ったりしててすごかったです^^; 普段はあまり英語を使っていないこともあって(留学生いるけど日本語が上手すぎて・・・)、話す機会はあっても正直全然楽しめなかったです。いやー、別に他の研究者と話さなくても問題ないけど、話せると絶対に楽しいっすね!これは確実だ!



あとは・・・発表直前にビールを一杯ひっかけるとかかな(笑)



少し長くなってしまいましたが、こんな感じです。
初めての国際学会はとても刺激的で楽しかったです。次回の国際学会では日本人じゃない知り合いを作れるようにしたいと思います!!



▽追記 2012/10/22

発表資料に使うフォントについてよいページが見つかったのでこちらもご紹介しますね。

書体の選び方|伝わるデザイン

このページはフォント以外にも発表資料作りに役立つアドバイスがかなり細かく紹介されていますので、とても役立つと思います。研究発表は見せ方も大事ですもんね。


▽再追記 2014/08/01

人生2度目の国際学会に参加してきました。次は口頭発表。そのときに役立ったiOSアプリをご紹介。

発表練習に役立つアプリ『Office Mobile』 | スーパーウチナータイム(仮) 

すきま時間の練習にピッタリのツールでした。

1 件のコメント:

  1. 大変勉強になりました。
    ありがとうございます。

    返信削除